中学校の部A部門(県大会出演順)
支部学校名東関東支部大会 結果 9/3
横 浜横浜市立中山中学校銀賞
県 央海老名市立海老名中学校銀賞
横 浜横浜市立境木中学校銀賞
横 浜横浜市立本郷中学校金賞
相模原相模原市立相陽中学校金賞
横 浜横浜市立丸山台中学校銅賞
横 浜横浜市立末吉中学校銀賞
湘 南藤沢市立六会中学校銅賞
横 浜横浜市立田奈中学校銀賞

高等学校の部A部門(県大会出演順)
支部学校名東関東支部大会 結果 9/2
横 浜横浜市立戸塚高等学校銀賞
横 浜横浜創英中学・高等学校金賞
相模原東海大学付属相模高等学校銀賞
川 崎川崎市立橘高等学校銀賞
相模原県立相模原高等学校銀賞
横 浜県立横浜緑ケ丘高等学校銀賞
県 央県立座間高等学校銅賞
県 南三浦学苑高等学校銀賞
相模原県立弥栄高等学校銅賞
横 浜横浜隼人高等学校 銅賞














東関東吹奏楽連盟


① 小学校の部・・・・・・・・・・自 由 (自由曲のみ7分以内)
② 中学校の部A部門・・・・50名以内 ③ 高等学校の部A部門・・・・55名以内
  (課題曲と自由曲を含めて12分以内)
④ 中学校の部B部門・・・・30名以内 ⑤ 高等学校の部B部門・・・・30名以内
  (自由曲のみ7分以内)
※ B部門参加における総部員数の制限を以下の通り設ける。
中学校の部 B部門・・・・・40名以下 高等学校の部 B部門・・・・・45名以下
(総部員数:前年度のコンクール申込時点での1,2年生部員の総数)
⑥ 大学の部・・・・・・・・・・・・55名以内 ⑦ 職場・一般の部・・・・・・・・65名以内
  (課題曲と自由曲を含めて12分以内)

【全日本吹奏楽コンクールへの推薦団体数】
中学校の部A部門 3団体
高等学校の部A部門 3団体
大学の部 1団体
職場・一般の部 3団体




東海道線は113系ですし、今はなき辻堂駅の踏切や、茅ヶ崎駅、藤沢駅に湘南ライナー
専用ホームもありません。すべてが懐かしい風景。
癒されました。

2017.08.27 intermission


Otto Sauter のトランペットはとても心地いい音、バロック時代のマイナーな?作曲家
の作品を集めたこのCDを今日一日BGMにしていました。
・Johann Joseph Fux (1660–1741)
・Franz Querfurth (1750-(um))
・Johann Georg Albrechtsberger (1736–1809)
・Georg von Reutter II (1708–1772)
・Johann Georg Reutter I (1656–1738)
・Georg von Reutter II
・Johann Heinrich Schmelzer (1620–1680)
・Frantisek Ignác Antonín Tuma (1704–1774)


16-05.png


横浜高校おめでとうございます。神奈川の代表として甲子園でがんばってください。

トーナメント09


http://kanagawa-hbf.sakura.ne.jp/vsnatu/natu-pdf/natu2017.pdf

7月8日(土) 夏の高校野球神奈川県大会が開幕します。
観戦することを想定し、土日祝日の試合、TV中継の試合をハイライトしてみました。
日にちがピンク=土曜日、日にちがイエロー=日曜日、日にちがグリーン=祝日、
TV中継のカード=球場名がブルー




mutar1_planar50.jpg

Carl Zeiss Mutar Ⅰ 2x  は焦点距離を2倍にする所謂テレコンバーター。
50mmのPlanarとジョイントすると100mmの単焦点レンズになります。
メリットはマクロレンズのような使い方で接写できるところ。
絞りは2段階暗くなるのでf1.4ではf2.8になるようです。

Mutarとマウントアダプターを付けるとかなり重くなります。Vario Sonnar 4/80-200mm
ほとんど変わらなくなります。
同じ距離から自宅のゼラニウムを接写してみました。

50_01.jpg
50_02.jpg

Mutarを入れた場合はf2.8と表記していますが、実際のレンズ絞りはf1.4のままです。
シャッタースピードはなんと1/3に落ちます。当たり前とはいえ、標準AFズームで撮る
ほうが、はるかに楽なのに面倒なほうが楽しいんです。
それが写真撮影の楽しいところ。

a72_833.jpg

フィルムカメラ時代のマニュアルフォーカスレンズを使いたくて、SONY α7Ⅱを入手。
Contax Carl Zeiss レンズ3本をマウントアダプターで復活させることにしました。

一眼系のカメラはメーカーごとにレンズマウントが異なるのでカメラ本体のメーカーを
変えるとそれまで使っていたレンズが無駄になってしまう。
そこに風穴を開けたのがマウントアダプターです。
絞りやAF(オートフォーカス)等の電子接点を活かす値段の張るアダプターもありますが、
絞りを調節してマニュアル露出、マニュアルフォーカスで使えばいいので、手軽に買える
電子接点のないアダプターを中心に検討することにしました。

α7Ⅱは35mmフルサイズセンサー、5軸手振れ補正が本体にあり、マニュアルフォーカス
を補助してくれます。また、ピント拡大やピントが合った部分を強調表示するピーキング機能
あるので本当に便利です。
また、手振れ補正もレンズの焦点距離を設定することができるので有難い。

実際に買ったアダプターはKERNELというブランドのC/Y-NEX用、コンタックスマウントの
レンズをソニーEマウントに変換するためのもので、おそらく中国製の所謂安物です。
実際に送られてきたのは写真のものとデザインが違う。おいおい、中華業者丸出しか。

フランジバック長が合わないとピント目盛りと合いませんが、さてこのアダプターは・・・
[Contax Carl Zeiss Vario-Sonnar 4/80-200 T*]を装着し テスト。
ピントの無限遠が望遠レンズできちんと出たので、まずは合格。

実はαシリーズを買うのは約30年ぶり?なんです。
30年前に買った世界初のオートフォーカス一眼、ミノルタα7000が最初です。
その後αシリーズをいくつか使い、NikonとCONTAXを併用してきました。
αマウント(Aマウント)のレンズもまだ残っているので、AFアダプタを買ったら使おう
と思います。

VR-160_3936.jpg

テスト撮影は室内から・・・机の上に置いてあるレシーバーVR-160をPlanar f1.4/50mm
露出モードはAUTOで撮影(接写)。自動的にシャッタースピードは1/160秒に、ISOは3200
になりました。やっぱり太陽光の下で撮らないと雰囲気がアカンですね。
でも手振れ補正は効いているようです。

動画撮影については次の機会に・・・  つづく・・・





GA874.jpg
GA874_20170610.jpg
Go-Aroundの様子はこちらでPlaybackできます。↓↓↓
https://www.flightradar24.com/data/flights/ga874/#dad3d08

今日は朝から南西の風だったのでBACON ARRIVALによるRWY22アプローチ(B滑走路)
を狙い、城南島へ。
オートフォーカス(AF)に難がある300mmレンズなので、マニュアルフォーカス(MF)で撮影
していると、ガルーダ機がやってきました。
上記の写真を撮った後、着陸まで追わずにレンズを換えていると・・・
そばにいた人が「今の飛行機、着陸やり直ししたよ!」と知らせてくれました。
「エッ!ゴー・アラウンドしたの?見逃した・・」
ランウェイ22でのゴー・アラウンドは見たことなかったので、どっちに旋回して着陸を
やり直すのか見たかったのに・・・・・ 
Flightradar24で確認したら、多摩川に沿って急上昇して右旋回、世田谷上空あたりを
通って千葉からの再アプローチだったんですね。風は時折強く吹いていましたが横風
があったんですかね・・・

GA874_20170610_02.jpg
ジャカルタからのガルーダインドネシア航空874便は東京上空の景色を楽しんだあと
無事に着陸、お疲れ様でした。日本にようこそ。