BS日テレで土曜22時にやってる番組、おぎやはぎの愛車遍歴。
なぜか観てしまいます。

人に歴史あり、じゃないですが、その人の人生が垣間見えるのも車なのかもしれません。
280TEは私も好きでした。当然、買えませんでしたが・・・・






80242413745_1280_2.jpg

ディーラーで注文して納品されたモンブランのボトルインク。
限定色らしいので買ってみました。納品書には部品番号とともに税込¥2,160 と記載。
色の印象はM3のヤス・マリナ・ブルーなのか、M2のロングビーチ・ブルー なのか・・・
ん~~・・ 乾くとM3っぽいかな??? はたまたM-Sportのエストリル・ブルー?

BMWモンブランカタログ


2016.08.18 日本の心


とても感動します。 私も実は和菓子好きです。 



各地で地区大会も終わり、県大会が始まろうとしている吹奏楽コンクール。
実はけっこう複雑で理解しにくい吹奏楽コンクールの参加基準。
全国一律なのは『全日本吹奏楽コンクール』の参加基準であって、支部大会(東関東等)や
県大会(地区大会)は独自の基準が存在します。
【東関東支部の場合】
東関東支部A部門(中学・高校のみ)B部門(中学・高校のみ)C部門(千葉県の例)
人数制限中学50名以内
高校55名以内
30名以内制限なし
課題曲あり自由曲のみ自由曲のみ
演奏時間課題曲・自由曲合計12分自由曲7分自由曲7分小学校は6分
部門重複----------県A部門参加不可不可
上部大会全日本吹奏楽コンクール東日本吹奏楽大会なし
1・2年
部員数
制限なし中学40名以下
高校45名以下
制限なし

少子化の影響でA部門への参加減少傾向を改善するため??なのか、
新たに加わった基準が1・2年生の部員数制限をB部門で設け、部員数ではA部門参加可能
なのにB部門に参加する学校を制限するというもの。
前年のコンクールエントリー時の1・2年生部員数が基準を超えればB部門には参加できない。
例えば中学校で、前年のコンクール以降退部した生徒が多く、1・2年生が40名以下になった
場合でも、翌年のコンクールでB部門には参加できない。(前年同様、A部門に参加)
その結果、A部門参加校が大幅に増え、地区大会から県大会に進める学校数は増えました。
しかし、これは県代表になるのが狭き門ということです。(代表校数は増えていない)

私が中学生時代、関東大会(現在の東関東+西関東)に進めたのは参加25校前後で2校。
超狭き門でした。現在も東関東支部の代表選考基準は各県2校としていて、前年の実績を
勘案して決められています。(実は当時と変わってないんですね・・・)
実際は神奈川だと中学Aで8校、中学Bで12校、高校Aで9校、高校Bで12校、(開催県は+1校)
という具合です。

東関東では千葉のレベルは高く、中学の例では全国経験のある指導者が私が知るだけで5人も。
東関東代表は3校、これは1点勝負というより、同点勝負になるのでは?と想像してしまうほど
狭き門です。高校も同様で千葉の壁はとても厚い。

東関東吹奏楽コンクール実施規定

2016年神奈川県吹奏楽コンクール結果


2016-98_b2.png


日本の野球界が他の国と異なる点は、リトル~シニア~高校野球と、すそ野が広く
学校全体での応援が恒例となり、高校野球が世の中で日常となっていること。
プロ野球の応援スタイルも日本独特で、MLBと比較しても選手のモチベーションが
全然違うといいます。
これら日本独特の文化ともいえるスポーツの応援スタイル、その原点は高校野球
なのではないでしょうか。



高校野球速報 TVK
朝日新聞社 高校野球 神奈川大会
2016.07.16 intermission