2016.08.18 日本の心



とても感動します。 私も実は和菓子好きです。 



各地で地区大会も終わり、県大会が始まろうとしている吹奏楽コンクール。
実はけっこう複雑で理解しにくい吹奏楽コンクールの参加基準。
全国一律なのは『全日本吹奏楽コンクール』の参加基準であって、支部大会(東関東等)や
県大会(地区大会)は独自の基準が存在します。
【東関東支部の場合】
東関東支部A部門(中学・高校のみ)B部門(中学・高校のみ)C部門(千葉県の例)
人数制限中学50名以内
高校55名以内
30名以内制限なし
課題曲あり自由曲のみ自由曲のみ
演奏時間課題曲・自由曲合計12分自由曲7分自由曲7分小学校は6分
部門重複----------県A部門参加不可不可
上部大会全日本吹奏楽コンクール東日本吹奏楽大会なし
1・2年
部員数
制限なし中学40名以下
高校45名以下
制限なし

少子化の影響でA部門への参加減少傾向を改善するため??なのか、
新たに加わった基準が1・2年生の部員数制限をB部門で設け、部員数ではA部門参加可能
なのにB部門に参加する学校を制限するというもの。
前年のコンクールエントリー時の1・2年生部員数が基準を超えればB部門には参加できない。
例えば中学校で、前年のコンクール以降退部した生徒が多く、1・2年生が40名以下になった
場合でも、翌年のコンクールでB部門には参加できない。(前年同様、A部門に参加)
その結果、A部門参加校が大幅に増え、地区大会から県大会に進める学校数は増えました。
しかし、これは県代表になるのが狭き門ということです。(代表校数は増えていない)

私が中学生時代、関東大会(現在の東関東+西関東)に進めたのは参加25校前後で2校。
超狭き門でした。現在も東関東支部の代表選考基準は各県2校としていて、前年の実績を
勘案して決められています。(実は当時と変わってないんですね・・・)
実際は神奈川だと中学Aで8校、中学Bで12校、高校Aで9校、高校Bで12校、(開催県は+1校)
という具合です。

東関東では千葉のレベルは高く、中学の例では全国経験のある指導者が私が知るだけで5人も。
東関東代表は3校、これは1点勝負というより、同点勝負になるのでは?と想像してしまうほど
狭き門です。高校も同様で千葉の壁はとても厚い。

東関東吹奏楽コンクール実施規定

2016年神奈川県吹奏楽コンクール結果


2016-98_b2.png


日本の野球界が他の国と異なる点は、リトル~シニア~高校野球と、すそ野が広く
学校全体での応援が恒例となり、高校野球が世の中で日常となっていること。
プロ野球の応援スタイルも日本独特で、MLBと比較しても選手のモチベーションが
全然違うといいます。
これら日本独特の文化ともいえるスポーツの応援スタイル、その原点は高校野球
なのではないでしょうか。



高校野球速報 TVK
朝日新聞社 高校野球 神奈川大会
2016.07.16 intermission


湘南高校~東大 宮台康平


『もっとも困難な道に挑戦せよ』は神奈川県立湘南高校の学校スローガン
「Always do what you are afraid to do !」を野球部の川村監督が意訳して伝えた言葉。
この言葉を今も座右の銘にしている宮台。
宮台は湘南高校時代、悪役だったそうで、川村靖監督は『悪役のままいけよ』と
指導していたそうです。川村監督は前任の藤沢西を県ベスト4にした公立高校野球部
の中では数少ない自身が甲子園経験者の監督。







GWですね。
実際の飛行機でフライトしているような気分になれるアプリでちょっと沖縄まで・・
ANA467便、今日の機体はポケモンジェット(Reg. JA754A)です。

flightradar24_2016_05_01.jpg
flightradar24_2016_05_01_02.jpg

自宅上空を通り、富士山を横目に沖縄までポケモンジェットでバーチャル旅行。
今日の天気は晴れていますが、薄い雲がかかっているので実際のビューはこのような
風景ではないかもしれませんが、そこはバーチャルなのでクッキリ!
3D画面の機体は上下左右に動かせますし、大きさも変えられます。
バージョンアップされて787や777はこのようにカラーリングされリアリティが増しました。
もちろん機体の高度/速度/位置データに連動して動きますので、コックピットからの視界に
より近い感じがします。

エアーバンド(航空無線)は関東西セクター(120.50MHz) や武蔵セクター(132.10MHz)、
関東南Aセクター(123.70MHz)などを聴きながらだとより一層楽しめます。

GWは個人所有機のフライトも多いですね。いいな~フライトには最高の天気です。
埼玉のホンダエアポートからや東京の調布飛行場、福生の横田基地や厚木飛行場からも
個人所有機がフライトしています。
flightradar24_2016_05_01_03.jpg

スマホ用アプリがあるので、外出先や実際の搭乗中も楽しめます。

https://www.flightradar24.com/




GWは一方でドクターヘリや県警ヘリも出動中。
flightradar24_2016_05_01_04.jpg